モデル就業規則 平成25年3月 厚生労働省労働基準局監督課

※会社のルールはそれぞれ違うはずです。モデル就業規則はあくまでも参考とし絶対にそのまま使用しないでください。

第11章 表彰及び制裁


■社長からひとこと


表彰はしっかり頑張った従業員のための規定じゃ。会社として何をしてやれるかな。懲戒処分は規定してないとできないぞ。処分するときの手続きも大切じゃ!


第59条(表彰)

(表彰)

第59条 会社は、労働者が次のいずれかに該当するときは、表彰することがある。

   業務上有益な発明、考案を行い、会社の業績に貢献したとき。

   永年にわたって誠実に勤務し、その成績が優秀で他の模範となるとき。

   永年にわたり無事故で継続勤務したとき。

   社会的功績があり、会社及び労働者の名誉となったとき。

   前各号に準ずる善行又は功労のあったとき。

2 表彰は、原則として会社の創立記念日に行う。また、賞状のほか賞金を授与する。

 

第60条(懲戒の種類)

(懲戒の種類)

第60条 会社は、労働者が次条のいずれかに該当する場合は、その情状に応じ、次の

 区分により懲戒を行う。

①けん責

   始末書を提出させて将来を戒める。

②減給

   始末書を提出させて減給する。ただし、減給は1回の額が平均賃金の1日分の5割を超えることはなく、また、総額が1賃金支払期における賃金総額の1割を超えることはない。

③出勤停止

   始末書を提出させるほか、  日間を限度として出勤を停止し、その間の賃金は支給しない。

④懲戒解雇

予告期間を設けることなく即時に解雇する。この場合において、所轄の労働基準監

督署長の認定を受けたときは、解雇予告手当(平均賃金の30日分)を支給しない。

 

第61条(懲戒の事由)

(懲戒の事由)

第61条 労働者が次のいずれかに該当するときは、情状に応じ、けん責、減給又は出勤停止とする。

 ① 正当な理由なく無断欠勤が   日以上に及ぶとき。

  正当な理由なくしばしば欠勤、遅刻、早退をしたとき。

  過失により会社に損害を与えたとき。

  素行不良で社内の秩序及び風紀を乱したとき。

  性的な言動により、他の労働者に不快な思いをさせ、又は職場の環境を悪くしたと

き。

  性的な関心を示し、又は性的な行為をしかけることにより、他の労働者の業務に支

障を与えたとき。

  第11条、第13条、第14条に違反したとき。

  その他この規則に違反し又は前各号に準ずる不都合な行為があったとき。

2 労働者が次のいずれかに該当するときは、懲戒解雇とする。ただし、平素の服務態度その他情状によっては、第49条に定める普通解雇、前条に定める減給又は出勤停止とすることがある。

     重要な経歴を詐称して雇用されたとき。

     正当な理由なく無断欠勤が  日以上に及び、出勤の督促に応じなかったとき。

     正当な理由なく無断でしばしば遅刻、早退又は欠勤を繰り返し、  回にわた

って注意を受けても改めなかったとき。

     正当な理由なく、しばしば業務上の指示・命令に従わなかったとき。

     故意又は重大な過失により会社に重大な損害を与えたとき。

     会社内において刑法その他刑罰法規の各規定に違反する行為を行い、その犯罪事

実が明らかとなったとき(当該行為が軽微な違反である場合を除く。)。

     素行不良で著しく社内の秩序又は風紀を乱したとき。

     数回にわたり懲戒を受けたにもかかわらず、なお、勤務態度等に関し、改善の見

込みがないとき。

     職責を利用して交際を強要し、又は性的な関係を強要したとき。

     第13条に違反し、その情状が悪質と認められるとき。

     許可なく職務以外の目的で会社の施設、物品等を使用したとき。

     職務上の地位を利用して私利を図り、又は取引先等より不当な金品を受け、若し

くは求め若しくは供応を受けたとき。

     私生活上の非違行為や会社に対する正当な理由のない誹謗中傷等であって、会社

の名誉信用を損ない、業務に重大な悪影響を及ぼす行為をしたとき。

     正当な理由なく会社の業務上重要な秘密を外部に漏洩して会社に損害を与え、又

は業務の正常な運営を阻害したとき。

     その他前各号に準ずる不適切な行為があったとき。

 


■社会保険労務士からひとこと

 

懲戒処分は根拠がないとできません。しっかり規定しましょう!

また処分するときの手続きについても規定しておいた方がいいかもしれませんね。



就業規則の作成ご依頼は、大阪府大阪市中央区の社会保険労務士辻綜合事務所へ(^^)